Works

持込用まんが作品
スクリーントーンを一切使わないフルフリーハンドで作画。
猫の毛色が成長とともに変わるという話から着想を得て作成
東京の出版社に持ち込みをしたものの惨敗、
ただその時知り合った小学館の担当者から奨励賞を獲得する次回作品の助言をもらうこととなる。